サービス・エンジニア

先輩からのメッセージ

エントリー

高い技術力と最新の設備による、安心と信頼の提供

サービス(自動車整備)の第一線では、ハイブリッドシステムや電子制御など、
日々進化する自動車の先進技術や環境性能を理解し、
最新の設備を使いこなしながら、お客さまに安心と信頼を提供できる、
高い「技術力」をもった人財に、活躍の場が広がります。

清水 寅次郎
富山トヨタ自動車富山インター店サービス課

清水 寅次郎

富山県技術専門学院自動車整備科卒(平成29年入社)

好きなSUVを扱っている会社という理由で見学に訪れたのですが、店舗の雰囲気に憧れ、「ここで働きたい!」と飛び込みました。入社して、初めて任せられた作業を完遂した僕を先輩は褒めてくれて、営業スタッフからは「ありがとう」と感謝されました。「一日も早くお客さまから『ありがとう』と声をかけられるようになるぞ!」と、心が奮い立ちました。品川グループは、運動会や社員旅行、クラブ活動など福利厚生が充実しています。入社した年が100周年でハワイ旅行にも行ってきました。高校時代の同級生に話したら羨望の的でした。高校2年で中断していた野球も再開し、キャッチャーとしてトヨタカップ優勝の一翼を担いました。クラブ活動は、ほかの店舗のスタッフやディーラーの人とも交流でき、楽しいですね。

8:30 本日の仕事の確認
9:00 朝礼・ミーティング
点検・整備
12:00 休憩
13:00 点検・整備
18:30 片付け・明日の仕事の確認
帰宅・筋トレ(ジム・家)
(毎週水曜日ノー残業 day)
清水 寅次郎
小川 敦也
ネッツトヨタノヴェルとやまY-town山室店サービス課

小川 敦也

富山自動車整備専門学校自動車整備学科卒(平成28年入社)

小さな頃にクルマ好きの父に連れられて行っていたディーラーの整備士に憧れていました。ノヴェルとやまに決めたのは、規模は小さいのですが、その分スタッフ同士の絆が深く、濃いと感じたからです。
当社では、2年目に入ると本格的な整備作業に携わります。初めてエンジンの調子が悪いというお客さまを担当した際、先輩のアドバイスを受けたものの、複雑な整備作業に不安もありました一人でやりきって引き渡したときの、お客さまのこぼれるような笑顔と「ありがとう」の言葉に、「この仕事を選んでよかった」と思いました。今、思い出しても胸が熱くなります。

8:30 出社・店舗の清掃・開店準備
作業内容確認
9:00 朝礼・点検・整備
12:00 休憩
13:00 点検・整備
18:30 片付け・翌日の準備・確認
帰宅
塩谷 紀尚
富山トヨタ自動車レクサス富山テクニカルスタッフ

塩谷 紀尚

トヨタ名古屋自動車大学校高度自動車科(平成27年入社)

愛車はIS。SGレーシング部ではVitzレーサーも務めています。地元で資格を生かして仕事するならトップブランドのトヨタ店に、と決めていました。とくにレクサスは、僕の得意な電子制御が多くしかも最先端を行くブランドなので、毎日楽しく働いています。高い技術力をもつ先輩が多く、不安なく働けるのもいいですね。
Vitzレースはドライバーの腕だけで競うレースですが、初戦でいきなり決勝に出場でき、先輩たちの期待も高いので、今夢中です。

塩谷 紀尚
田中 瑠悟
富山トヨペットGスクエア富山本店 サービス課

田中 瑠悟

富山県技術専門学院自動車整備科卒(平成29年入社)

クルマがなくてはならない世の中で、社会人の一人としてなにか役に立ちたいと思い、好きなクルマ整備士の道を選びました。現場では、学校では教わらなかった技術や、やったことのない整備を、本で調べたり、先輩に聞いたりしながら少しずつ体得していく毎日ですが、すべてが知識・経験として身についていく実感を味わっています。学校では学ぶことのできない技術や知識、経験をどれだけ増やせるか、楽しみです。

杉森 拓哉
富山ダイハツ販売砺波店サービス

杉森 拓哉

高山自動車短期大学自動車工学科卒(平成27年入社)

軽自動車を扱う会社にと決めていました。会社見学の際、社内の雰囲気も明るく、どのスタッフも笑顔でお客さまに接していることに惹かれました。入社してからもその印象は変わりませんが、福利厚生も充実しており、社内行事も多いので驚いています。なかでも、100周年記念のハワイ旅行は、その規模も楽しさも、感動でした。

杉森 拓哉
石田 夏也
山室重機富山営業所

石田 夏也

金沢科学技術専門学校 トータルメカニックコース(平成28年入社)

日本で3番目の一級重整備工場という歴史と、あらゆるメーカーの、しかも二輪車から大型車まで多種多様なクルマを整備できることが魅力でした。技術力がないとできないからです。
2年目から重機を担当しています。記憶に残るのは、富山港でのクレーン整備。部品も何もかも桁外れでした。重機整備はきついイメージがありますが、実際は思った以上にかっこいい仕事でした。経験を積み上げて一流の整備士になり、きついイメージを払拭したいと思っています。

藤井 裕之
トヨタL&F富山富山営業所サービス課

藤井 裕之

富山県技術専門学院自動車整備科卒(平成26年入社)

子供の頃から、ミニカーでもゴツゴツした働くクルマが好きでした。会社見学の際、和気あいあいで仲がよい雰囲気と先輩の「この仕事が好き」という気持ちが伝わってきました。業界では珍しい土日休日の勤務形態に背中を押された形で決めました。
忘れられないのが、初めてのデフの中のベアリング交換をやりきったときの、達成感です。厳しいときもありますが、先輩たちの愛情を感じます。就職は実際に会社を見学し、社内の雰囲気や働いている人を見ることを薦めます。

藤井 裕之