よくある質問

採用情報

エントリー

Q  グループ採用というのは、グループでまとめて内定が出て、その後各社に配属ということですか?

選考はあくまでも本人の希望を考慮して合否を決定しています。
当グループでは、採用試験の段階で、みなさんの希望を聞きます。第一希望・第二希望・・・ということもできますし、「どうしても一社のみをを希望したい」ということであれば、そのようにエントリーシート(当グループ独自のフォーマットで試験当日に記入)に記入いただいています。
一方で、採用試験はグループ合同なので、一度に最大7社を受験すると考えれば魅力的です。

Q  入社後、グループ内の他社に異動はありますか?

グループ内の他社への異動は、ほぼないと考えていただいて良いと思います。
ただし、管理職、役員の場合はこの限りではありません。

Q  事務職の募集はしていますか?

まず、事務職は「営業事務職」と「本部総合職」の2種類あります。
「営業事務職」に関しては、グループ各社にて、随時採用を検討しています。
「本部総合職」に関しては、主に株式会社品川グループ本社にて募集しています。
詳細は採用担当者にお問い合わせください。

Q  営業職と営業事務の違いは?

営業職は、自動車の販売を主に、お客さまのカーライフをお手伝いする「総合職」です。
商談や納車などのために、お客さまのご自宅に伺うこともあります。
営業事務は「一般職」として、主にショールームの受付事務、また伝票整理や営業スタッフのサポートが中心の内勤です。
詳しい業務内容はぜひ、各社に訪問して採用担当や先輩社員から話を聞いてみてくださいね。

Q  車は扱い車を買わなくてはなりませんか?

入社時点で他社の車に乗っていてもかまいませんが、就業規則上、当グループの扱い車種であることを条件に、通勤手当や社員駐車場の提供をしています。
入社後はぜひ購入を考えてほしいと思います。

Q  ノルマがあるのではありませんか?

どんな仕事でも目標はあります。
ただし、目標数字を達成できなかったからといって減給などペナルティがあるわけではありません。
逆に、頑張っただけの各種奨励金が給与に上乗せされます。

Q  新人の配属先はどのようにして決められるのですか?

基本的に、自宅の住所を考慮し、通える範囲内で決定します。
また、本人の適性やそのときの人員状況等を総合的に判断し決定します。

Q  社内で県内各地に異動することはあるのですか?

あります。ただし不定期です。
いずれにせよ、自宅から通える範囲内での異動です。
ただし、本社事務職、店長・管理職になると必ずしも最寄の拠点とは限りません。

Q  土日は休めないのか

休めないわけではありません。年間107日の休日で、月ごとにカレンダーがあります。
その休日日数の中で、定休の月曜以外は交代制です(トヨタ、ダイハツ、ノヴェル)。
ただし、土日はお客さまの来店が多いので、営業スタッフであれば、毎週末休みを取るのは難しいと思います。
L&F、山室重機、レンタリースの事務部門は基本的に土日を中心とした休日体系です。

Q  クラブ活動は会社で決められているのですか?

今は、採用案内などに掲載されているクラブが活動していますが、今後も、有志が集まって会社に申請すれば創部することができます!
富山トヨタの陸上部は、大学時代に駅伝をしていた社員が地元のマラソン大会に出場したのをきっかけに、愛好者が集まり創部したものです。
最近では富山トヨタとノヴェルとやま合同のレーシング部が、品川グループ全体のクラブに生まれ変わりました。
各社フットサル部やバスケットボール部なども発足しました。
みなさんも、ぜひクラブをつくって、仕事以外の活動もエンジョイしてください。

Q  産休、育休はありますか。また、とりやすい雰囲気ですか?

あります。
実際に休暇を利用し、その後、職場復帰して頑張っている女性社員も何人もいます。
希望される場合には時短勤務も可能で、企業内託児所も利用できます。
また復帰後も、第二子誕生に伴い2回目の産休・育休を取得している社員もいます。
安心して働ける環境が整っています。もちろん男性社員も育児休暇の取得が可能です。

Q  女性の営業職は採らないのですか?

富山トヨタ、ネッツトヨタノヴェルとやま、富山ダイハツでは既に女性の営業スタッフが何人も活躍しています。
また、2018年も上記3社に女性の総合職(営業)が7名入社しました!
今後ますます、女性の営業職としての活躍の場が広がります。

ウィズキッズしながわ

ウィズキッズしながわ

NETWORK編集ブログ~しゃべりたい女たち~

品川グループの社内報「NETWORK」の女性編集者によるブログ「NETWORK編集ブログ~しゃべりたい女たち~」。
品川グループに携わる女性スタッフならではの視点や感性で日々の出来事を綴っています。