目標とされる
企業をめざして

品川グループの創業者品川忠蔵が、赤いT型フォード3台を
擁して品川自動車商会を設立し、貸切自動車運輸事業(タクシー事業)を開始したのは、
今から100年余り前の1917年(大正6年)10月1日のことでした。クルマの利便性、快適性を
多くの人々に分かち合ってほしいと、その後、バス事業、自動車販売業にも進出し、自動車に不可欠なタイヤ販売、
燃料販売も手掛けるなど事業域を広げました。また、自動車普及のために、自動車教習所や自動車整備技術講習所も設立するなど、一貫して地域における自動車と、自動車関連事業を牽引し、人々の幸せと地域社会の発展に尽力してきた歴史でした。

現在、当グループでは、自動車・軽自動車・産業車両・建設重機械の販売・整備事業、レンタカー・カーリース、ガソリン・タイヤの販売、タクシー、保険業務の事業フィールドを有し、富山トヨタ自動車を筆頭とする14社の総合力と、社員一人ひとりのたゆみない努力により、県内トップ企業としての地位にあります。

この盤石な基盤を礎に、これからも私たち品川グループは、社是「われわれは和をもって、誠実なサービスで信用を築き、愛社精神に徹しよう」を胸に、経営理念「今までもこれからも、私たち品川グループは、自動車および自動車関連事業を通じて、関係する全ての人々の幸せと発展に寄与していきます」に基づいて、社員の物心両面の幸せと、夢と誇りのもてる会社の実現、またお客さま、お取引先、地域社会の「すべての人々の幸せと発展のために」邁進し、目標とされる企業をめざしていきます。